ベランダや窓などの防犯対策も考えたい!?注文住宅のお役立ち情報をご紹介!

このサイトは、家づくりをするとき見落としがちになりやすいベランダや窓などに対する防犯対策について、注文住宅のお役立ち情報をご紹介していきます。
一般的に家を建てるときは東南角地が良いといわれているのですが、その理由や角地に建てるメリットには何があるのかご存じでしょうか。
それと、家づくりをされる人の中には外構工事を後回しにされるケースがあるけれどもエクステリアは最初に行う方が良いのか、その理由などにも触れているので参考にされることをおすすめします。

ベランダや窓などの防犯対策も考えたい!?注文住宅のお役立ち情報をご紹介!

注文住宅で家づくりをするとき、家のデザインなどに気が向いてしまって後から考えると泥棒が入りやすい家になってしまったなど後から後悔される人も多いようです。
一戸建て住宅の中でも窓やベランダなどからの侵入は全体の約半数を占めるなどからも、注文住宅で家づくりをするときなどは防犯対策にも視野を広げることが大切です。
そのため、注文住宅で家を建てるときには防犯性能を持つ泥棒が入りにくい工夫を考える必要があるわけです。

デザインだけでなく防犯性能にもこだわりたい注文住宅

注文住宅は外観のデザインや収納、間取りに注目することが多いです。
様々な設備を自分の思うように取り入れることができるのが注文住宅の良い点ですが、デザインだけでなく防犯性能にも着目すると、より快適に暮らすことができます。
防犯に関しては昔から注目されており、実際に強盗や空き巣の被害はマンションよりも一軒家に多く起こっています。
近年では家に誰かがいない時に狙うのではなく、住んでいる人が寝静まった夜中に侵入することも増えており、危険度は増すばかりです。
このようなことから注文住宅を建てる際には防犯面にも着目する必要があり、高い塀を作らない、樹木で住宅を覆わないなどの配慮が必要となります。
性能では雨戸や補助鍵をつけるのはもちろんのこと、特殊フィルムが挟まれている防犯合わせガラスを取り付けます。
さらに玄関はピッキングされないような鍵の形状にすることが望ましく、庭に砂利を敷くのも効果的です。
小さい子どもがいる場合は電子キー仕様にするのも良い方法になります。

一戸建ての泥棒の出入口は窓とベランダを注文住宅ではこれらをしっかり対策しよう

注文住宅を建てる際にセキュリティ面に注意を払い、玄関の鍵をピッキングができないタイプのものに変えることが多いです。
ですが意外と見落としてしまうのが窓やベランダ部分であり、こういった部分は窃盗犯に大変狙われやすいです。
警視庁が令和2年に行った統計資料によると一般住宅を対象とした親友窃盗は全体の47.7%を閉めました。
その中で戸建ての住宅が37%となっており、さらに窓やベランダからの侵入は53.5%と大変高くなっています。
注文住宅の出入口で圧倒的に高いのは1階の窓となります。
次いで多いのがベランダであり、手すりがあるタイプはすぐに侵入されてしまいます。
このようなことからこれらの出入口には防犯対策を行うことが良く、基本的に補助鍵と防犯フィルムを使用します。
一つのドアや窓に2つ以上の鍵前を取り付けるようにし、必要に応じてフィルムやライト、砂利やセンサーなどを取り付けると良いでしょう。
特に防犯フィルムは全面張りにするとより効果が高くなります。

注文住宅で考えたい!掃き出し窓や足場が広くて手すりがあるベランダは要注意

注文住宅で家を建てる方は、家族全員の安全性を確保することは必須となり、掃き出し窓や足場の広いベランダを設けるような場所には要注意となる問題点があるので事前に理解しておき設計を進めることが必要です。
まずは掃き出し窓はリビング側に設置をしていることが注文住宅でも多い傾向にありますが、窓を開けた際に屋外の地面までの高さがある場合、小さなお子さんや高齢者の方では降りようとした際に転倒してしまうリスクがあります。
この問題はウッドデッキを備えて段差を少なくする方法が効果があり、ウッドデッキは長持ちするように無垢材ではなくハイブリッドの木目調の資材を使う方法で長持ちさせることができます。
ベランダの問題は手すりを付けても、幼いお子さんがいるご家庭では落下の危険性があります。
事故を防ぐには土台となる物品を置かないことを徹底する方法と、フェンスの高さを十分に持たせる方法で解決はできます。
採用するフェンスにはボード付きのタイプも安全性を高めることができ、ボードが無い設計では梯子のように登れるタイプではなく垂直でスリットが付けられている資材を使えば安全です。

総2階建てなどの住宅は足場がなく狙われにくく注文住宅のコストを削減できる

総2階建て住宅とは1階と2階がほぼ同じ面積であり、同じ作りの住宅のことを言います。
2階部分がない平屋や、2階部分が1階部分に比べて小さい部分2階建て住宅とは異なります。
注文住宅を総2階建てにするメリットは非常に多く、特に住宅の防犯性や耐震性、断熱性や気密性といった機能面で優位性があります。
なぜなら、シンプルでバランスの良い住宅に仕上がるからです。
中でも防犯面では1階部分に空き巣などが侵入する足がかりがないので、2階への侵入が困難になります。
一般的に景気が悪化する空き巣が増えると言われているので、インフレリスクが高まっている現在においてメリットがあると言えるでしょう。
また、注文住宅でコストを抑えるためにもこのタイプの2階建て住宅を建てる利点があります。
設計が非常に合理的で基礎や屋根の部分を狭くできる分、材料費はもちろん工事にかかるコストを抑えられます。
おまけに工期を短縮できるので、コストパフォーマンスは抜群とされます。

注文住宅に関する情報サイト
家づくりの防犯対策

このサイトは、家づくりをするとき見落としがちになりやすいベランダや窓などに対する防犯対策について、注文住宅のお役立ち情報をご紹介していきます。一般的に家を建てるときは東南角地が良いといわれているのですが、その理由や角地に建てるメリットには何があるのかご存じでしょうか。それと、家づくりをされる人の中には外構工事を後回しにされるケースがあるけれどもエクステリアは最初に行う方が良いのか、その理由などにも触れているので参考にされることをおすすめします。

Search