東南角地に注文住宅を建てることでのメリットとは?

東南角地に注文住宅を建てることでのメリットとは?

注文住宅を建てるにあたり、まず最初に土地を選ぶ必要がありますが、その選び方は非常に重要と言えます。
注文住宅を建てるにあたり、東南角地の土地が非常に人気を集めています。
東南角地に注文住宅をたてるメリットとしては、なんといっても日当たりが良いことと言えるでしょう。
東と南に面していることから、日当に優れています。
太陽は東から昇るため朝から日が当たり、日中も南側からの光が取り込みやすくなります。
建物を北西に寄せることができるので、東側と南側にはスペースを大きく取ることができます。
2方向に開いたスペースが取れれば駐車場にすることもでき、庭としても活用できます。
このようなことから、人気が高い方角であり、坪単価も高い傾向にあります。
しかし多少高くても注文住宅をたてることにより、快適な住まいを確保することができるでしょう。
万が一売却するとなった場合にも高く売れるため、この点からも大きなメリットが得られます。

注文住宅を建築する際にはプライバシーを考える

夢のマイホームである注文住宅を建てることができるのは、とてもうれしいもので家族でいろんな展示ハウスに行ったりして情報を集めるに違いありません。
家のスタイルや大きさや内装などを考えることはとても大切ですが、プライバシーをきちんと確保できるかどうかよく吟味する必要があります。
例えば、大きな窓は開放感があって気持ちが良いものですが、隣近所や通行人から家の中が丸見え状態ですと落ち着きませんし、防犯上決して安全とは言えません。
それで、大きな窓を設置したいのであれば、垣根を巡らせるかあるいは窓付近に大きめの樹木を一本植えるかなどするなら、家の中が丸見えになりませんので安心して生活できます。
さらに、外からの目線だけではなく家の中で家族それぞれがプライバシーを確保できるかどうかも確認すべきです。
特に年頃の女の子がいるご家庭であれば、コンパクトでも構いませんので個室を作ることも大切です。
ぜひよく考えて注文住宅を建てましょう。

注文住宅に関する情報サイト
家づくりの防犯対策

このサイトは、家づくりをするとき見落としがちになりやすいベランダや窓などに対する防犯対策について、注文住宅のお役立ち情報をご紹介していきます。一般的に家を建てるときは東南角地が良いといわれているのですが、その理由や角地に建てるメリットには何があるのかご存じでしょうか。それと、家づくりをされる人の中には外構工事を後回しにされるケースがあるけれどもエクステリアは最初に行う方が良いのか、その理由などにも触れているので参考にされることをおすすめします。

Search